カウンセラーの資質 | 津川診療所 福島県 福島市 精神科 カウンセリング 精神療法 心理療法 精神分析 カウンセラー

〒960-8137 福島県福島市堀河町3-17
TEL:024-526-2301 FAX:024-526-2302
MAIL:tsugawa@sonata.plala.or.jp
院長あいさつ

カウンセラーの資質

これからのカウンセラーに求められる資質について教えてくださいとの質問がありました。

 

 この質問を読んでパッと頭に浮かんできたのは、道心という言葉です。

 浮かんだ後で少し考えてみましたが、やっぱり、これに尽きると言っていいと思います。道心の強い人が資質のある人だ、ということになります。

 道心というのを、思いつくだけ言い換えてみます。

 道を求める。世俗的世間的でない何か目に見えない価値を実現したい。変化、成長したい。自分を知ろう。自分に向き合おう。

 ここまで書いて、また、近藤先生から聞いた話を思い出しました。道元の言葉だそうです。

 仏道をならうというは、自己をならうなり。自己をならうというは、自己をわするるなり。自己をわするるというは、万法に証せらるるなり。万法に証せらるるというは、自己の心身および他己の心身をして脱落せしむるなり。

 この道元の言葉についての僕なりの理解を試みてみます。

 いいカウンセラーになろうとするなら、自分を知ろうとしなければならない。自分を知れば知るほど、自分自身の自己中心性をつくづくと感じるようになり、自分に絶望する。自分というものを捨てる(忘れる)しかないと感じる。その時、我々を超えた大きなものに生かされていることを実感する。その実感によって自分も救われるし、他人が救われるための役にも立ちやすくなる。

 これだときついと感じる人がいそうな気がするので、少し言い方を変えてみます。

 いいカウンセラーになろうとするなら、自分を知ろうとしなければならない。自分を知れば知るほど、自分の中の深いところに傷があることを感じるようになる、傷を感じれば感じるほどそれは過去のものになる(忘れられる)。その時、我々を超えた大きなものに生かされていることを実感する。その実感によって自分も救われるし、他人が救われるための役にも立ちやすくなる。

月別の過去記事

過去の記事一覧

過去の記事一覧はこちら

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31