完全主義 その三 | 津川診療所 福島県 福島市 精神科 カウンセリング 精神療法 心理療法 精神分析 カウンセラー

〒960-8137 福島県福島市堀河町3-17
TEL:024-526-2301 FAX:024-526-2302
MAIL:tsugawa@sonata.plala.or.jp
院長あいさつ

完全主義 その三

| コメント(0)
 『完全主義その一』『完全主義その二』では、完全主義を、主に自己嫌悪との関係から見てきました。ここでは、自己嫌悪から離れて、完全主義心性そのものの特徴を述べてみたいと思います。
 
 その前に、何故僕は完全主義に注目するのか?と自問してみたくなりました。
 
 完全主義は誰にでもあると言って良さそうな気がします。それはナルシシズムが誰にでもあると言っていいのと同じ感じです。そして、誰にでもあるのに、いわゆる完全主義的な人とはこういう人だとのイメージを抱くことが出来る感じがあります。自己愛的な人とはこういう人だとのイメージが浮かんできやすいのと、ここでも似ています。
 
 いわゆる完全主義的な人についての僕のイメージをちょっと描写してみます。真面目、禁欲的、努力家。一見すると真に誠実そう。しかし、自分のかかわる領域でポリシーに反する事をされると些細なことに対しても結構怒りっぽい。次に、自己愛的な人。こだわりが少ない、享楽的、いつも機嫌がいい。一見すると真に幸福そう。しかし、他人と深くかかわろうとはせず、他人への深い関心もない。
 
  『ナルシシズム』で、狭義のナルシシズムと広義のナルシシズムとの考えを述べました。理想の自己イメージに同一化出来ている状態を狭義のナルシシズムと呼び、同一化したいのに出来ないでいる状態を広義のナルシシズムと呼びました。その考えからすると、完全主義は広義のナルシシズムの特殊型(典型例)だということになります。
 
 一般的には、僕の言う狭義のナルシシズムをただ単にナルシシズムと呼ぶ場合が多いと思います。その使い方を用いれば、完全主義とはナルシシズムに最も遠い状態だ、と言うことも出来ます。ハードルが高すぎて、いつまでたっても届きそうにないと感じられるから、という意味合いです。
 
 以上のように、完全主義をナルシシズムと関連付けてとらえることに意味があると考えています。繰り返しますが、理屈の上では、理想の自己イメージへの同一化に成功出来ているか出来ていないかによって、ナルシシスティックであるか完全主義的であるかが別れます。しかし現実はそう単純ではありません。同一人の中に両面が混在しています。どちらの割合が大きいかを感じ取るのが重要だと考えています。
 
 この事情は、今後詳しく述べる予定である、孤立型か依存支配型かという問題と大変よく似ています。一人の人間の中に孤立型的な面と依存支配型的な面があり、どちらの面が優勢であるかを感じ取るのがその人理解に役立ちます。そして、孤立型的なありかたについての理解が増せばますほど、それと対比的に依存支配的な在り方への理解が増すという関係がある気がしています。同じように、完全主義心性の理解が増せばますほど、自己愛的なあり方もはっきりと見えてくるということになると思うのです。そして、完全主義的心性は、特徴を取り出しやすくて見えやすいと感じます。まずはそこから始めるのがいいと思います。
 
 ここまで書いてきて、書き始めの時点では全く頭になかったアイディアが浮かんできました。完全主義的であるかナルシシスティックであるかを縦軸に、孤立型的であるか依存支配型的であるかを横軸にして、個人をその平面の中に位置づける試みが出来そうです。その人を理解するための一助になりそうです。
 
 完全主義に注目する理由を述べているうちに、色々と横道にそれて長くなってしまいました。完全主義心性そのものについては次回に譲ることにします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


コメントする

月別の過去記事

過去の記事一覧

過去の記事一覧はこちら

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31